なぜ住宅に通気材は必要なのか

家というものは外気からの水蒸気や雨、気温の変化などにより外壁や屋根などの外皮に影響をもたらしてしまいます。その侵入が建物の基礎や柱などに侵食してしまうと大変なことになってしまいます。主にカビの発生や柱の腐食などが進んでしまうのです。カビが発生してしまうと部屋の中にもカビ臭が残ってしまったり環境の悪化につながることもあります。そういうことを防ぐために通気材は必要なのです。通気材を利用すれば多少の水分の侵入にも効果を発揮することができます。今主流の高気密で高断熱住宅においても正しく通気材を利用することで水分の侵食やカビの発生を防ぐことができるようになっています。通気性の良い家は建物自体も長持ちさせることができますので、ぜひ利用していただきたいものの一つです。通気性をよくして住みやすく快適な環境を維持することは、そこに住む家族の生活を豊かにしてくれるだけではなく健康的に過ごせるような手助けをしてくれるのです。