採光を取り入れた家造り

今世の中は省エネルギー対策品で溢れてきています。洋服はクールビズになり、上着は脱いでネクタイも外しワイシャツの上のボタンを外す極めてラフなスタイルです。車はハイブリッド車のようにガソリンの使用料を減らし、回した回転力を利用して発電する新しい技術。

洋服や車以上に頑張っているのが住宅の省エネ対策です。現在の家は以前では考えられないほど自然の力を利用した家造りを頑張っているのです。その中でも重要な取り組みは自然の光、つまり太陽光を取り入れた家造りなのです。では太陽光=採光を取り入れる目的とは何でしょうか。それは、家の中に「明るさ」と「暖かさ」をえる為なのです。

現代の家は、電気を使わなければ、照明も使えないので家の中は昼間は暗く、エアコンも使えないので外気に影響された室内のままで夏は暑く、冬は寒いままです。では採光を取り入れるとどうなるのでしょうか。採光を取り入れると昼間は採光の光が照明の役割を果たし、しかも自然光なので目にも優しいのです。空調は自然の光が降り注ぎ冬でも暖かくなります。そしてこの採光を取り入れた家と抜群に相性が良いのが、家の外壁に断熱材を入れた高断熱住宅なのです。高断熱住宅は、室内の熱を逃すことがないので、冬の家の中でも人が快適に暮らせる常温の状態にすることができるのです。是非みなさんも採光を取り入れた家と高断熱住宅にしてみませんか。自然で快適なエコライフをお約束できます。