断熱材施工で冷房の使用期間短縮

夏はエアコンなどの冷房を1日中つけっぱなしでないと、とても家の中にはいられないことはありませんか。エアコンの強さも最強にしていないと、家の中でも、息苦しいということがありませんか。しかも家族が集っている1部屋だけにガンガンに効かせてはいるものの、隣の部屋に言った途端、これが同じ家なのかというくらいに息苦しい暑さが襲ってくるかもしれません。それではこの家はこれから先も、ずっとこんな息苦しい生活を続けるしかないのでしょうか。断熱材を家の外回りに施工するだけでもずいぶん違うでしょう。

断熱材を入れる前の家は、屋根、天井、壁などに太陽の熱がとどまり続けており、どんなにエアコンをきかせても、一日中ビニールハウスの中にいるような状態でしたが、断熱材の施工後は、家の中を風通しをよくすることで、実によくエアコンが効くようになり、断熱材を使って家の外回りを覆っていることで、エアコンの冷気が外部に逃げられることなく室内にとどまっており、冷房の強度と使用時間を大幅に短縮することに成功するのです。