寒い日のトイレは辛い

2月のあの底冷えが強い時期、エアコンの効いた温かい部屋の中でこたつに入ってテレビでも視ながら、スイーツを食べれるなど、なんとも幸せな時間です。こたつの中で、今日、学校や職場であった事をおもしろおかしくおしゃべりできて、そんな瞬間は本当に楽しいです。でもテレビを視ているとCMの間に、我慢していたトイレに行ってこようと、こたつから出て、温かい部屋から、ドアを開けて廊下に出た途端、心臓が縮み上がるほどの冷たさを感じたことが、みなさんもありませんか。エアコンの効いている部屋から効いていない廊下に出たのだから当たり前の話ですが、これほど寒いとトイレにいくのが嫌になります。若い人も急激な寒気は身体に悪いですが、高齢者や病人は命に関わります。こんな寒気から安心してトイレに行くことはできないのでしょうか。

みなさんが安心してトイレに行くためには、自宅に断熱材を施工して高断熱化をする必要があります。高断熱化すれば、今まで寒さに我慢していた廊下の先のトイレにも寒さを感じることなく安心していくことが出来ます。これからはテレビの合間にトイレに安心していけるでしょう。