【見えない力】断熱はきっちり・しっかりと

断熱材(グラスウール・スタイロフォーム・ウレタン吹き付け等)は家が完成したら見えない部分ですが、ここはぜひ綿密に施工会社と打ち合わせをしましょう。

断熱材が壁に間に入っていないと、

・音が漏れやすくなる
外壁廻りにしっかりと施工することで断熱材は吸音の効果も認められます。

・夏は暑く冬は寒くなる

外からの熱が室内に伝わりやすく、外壁や屋根の質によっては外の温度より高くなることもあります。逆に冬はせっかく暖まった室内の空気が冷えた外壁と相殺されて冷えてしまい、なかなか部屋が暖まりません。

・サッシ廻りや水廻りの湿気が溜まり水滴が大量につく

外と室内の温度差により湿気が大量の水滴に変わり、内装や外壁そして見えない床下劣化を通常の何倍にも早めてしまいます。それを直すとしたらとても高額になってしまいます。

など、いいことは何も無く、のちにとんでもない金額の修理費が掛かることもあります。断熱材の施工は家を建てるにあたりとても大切な工事内容のひとつです。

断熱のリフォームは簡易的なものもメーカー・施工店の技術向上により様々なものができてきていますが、せっかく新築を建てて一国一城の主になるのなら、ぜひ見えない所にもしっかりと確認して頂きたいです。建売の場合も断熱の程を不動産メーカーや販売店によく確認することをお勧めします。施行方法は施行店・販売メーカーによって様々です。

PR/工務店向け集客ノウハウ 生命保険の選び方 クレジットカードの即日発行じゃけん 健康マニアによる無病ライフ 女性向けエステ.com 住宅リフォーム総合情報 英語上達の秘訣 超SEO対策 SEOアクセスアップ相互リンク集 JALカード 家計見直しクラブ